「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新春リフォームフェア

無事リフォームフェアを盛大に終えることができました!
 
1月28日、前日までの雨も消え、朝から晴天なり。

これでお客様さえ来てくれれば・・・

本日の為の手伝いのスタッフ数、延で70数名。

9:00のオープンと同時にお客様がドットなだれ込み・・・

との予想とは裏腹に、9:30まで、閑古鳥状態 (T.T)

あまりの天気の良さに、別なところにお出掛けでも行ったのだろうか?

チラシの入れ方がまずかったのだろうか?

様々な不安がよぎります・・・

9:35 一人目のお客様の来場!!!

10:00 ぞろぞろとお客様がやってきて、とりあえず不安はどこかに・・・

11:00 餅つきの開始!大勢のお客さまと一緒に餅の味を楽しむ。うまいうまい!

12:00 お客様の来場者数も100名を超え、各ブースで賑わいが・・・

1:00  よさこい演舞 今回も「分田てんてこ舞い」「纏」「飛来」の3チームの

      手馴れた演舞がスタート
e0111876_10272825.jpg


      私の子供と同じ年くらいの子も頑張ってます!

e0111876_10284943.jpg



      ガンバレー!!!

1:30  再度の餅つき

e0111876_1029573.jpg



      子供たちも混じっての大騒ぎ

2:30  各ブースにはまだまだリフォームに対して真剣なお客様の姿が・・・

e0111876_10313140.jpg



      ちなみに上の写真は最新のガス機器展示。リンナイさんが頑張ってくれました!

      未来のお客様?も真剣にヤマハの風呂に、見入ってます???

e0111876_10395298.jpg



3:00  こんな具合で順調にプログラムを終え、天候にも恵まれたフェアは無事終了できまし      
      た。これもひとえに、今回のイベントに対して、惜しみなく尽力を注いでくださった、

      各メーカーさん、若和会(自社協力業者会)と今まで、私たちを応援してくださった

      OB客の皆様、又、今回のイベントに参加くださった皆様のお陰と、心より感謝申し上

      げます。

      また、ある方のアンケートにお答え頂いた答えの中に、こんなことが書いてありまし

      た。

      「地域の発展、活性化の為に、是非こうゆうイベントを続けてください」と・・・・

      非常に嬉しく、ありがたいお言葉を頂き、感謝感激です(T.T)

      これからも頑張って続けて行きますので宜しくお願いします。

      最後になりましたが、先回の答えですが、正解は・・・・

e0111876_10501526.jpg



      洋風瓦の鬼でした!皆さんわかりましたか?では、また!
[PR]
by wakatsukishouten | 2007-01-31 11:01

現場検査

 当社では、各現場ごとに、私自信が各施工状況ごとに、
 
検査を実施致しております。ということで、検査の話をひとつ・・・

現在、新潟市丸山にてH様邸の新築工事をさせて頂いております。

 H様邸はオール電化、床下暖房仕様の洋風住宅で、

1月13日に上棟を終えたばかりです。

 昨日は屋根の竣工検査、構造躯体の金物検査に行って参りました。

まずは、各種金物が設計図書通り配置されているか?のチェックです。

「うんうん、ちゃんと出来てるな」そして、金物の中でも中越地震後普及が進んだ、

ホールダウン金物の配置確認。
e0111876_17324091.jpg


この金物は引き抜き力の生じるところに、引き抜き力の大きさによって、配置する。

「昔の建物はこんな金具を使わなかったのになぁ・・・」

などと、思いつつも全体のチェックを終えて来ました。

屋根工事も無事完了しており、検査は終了です。

 行ったついでなので、床組の写真も撮ってきたので、アップしておきます。

e0111876_1739297.jpg

clear=all>

 これは、1階の土台部分をヒノキで組んだ床組です。通常より大引きが倍の本数入ります。

e0111876_17413639.jpg



 2階の床組です。2階根太は105×105角をふんだんに仕様しております。

と、若干の当社のPRでした。他の現場に行く機会があったら、比べてみてください。

 話は変わりますが、昨晩、石ちゃん(まいう~で、おなじみの石塚英彦)主演のドラマ

見ましたか?私は昨晩はたまたま、早く帰ったので運良く見ることが出来ました。

内容はというと・・・工務店の営業マンである夢野大吉(石ちゃん)が夢のある、正直な

住宅をお客様に提供したいが、なかなか売れずに奮闘しながらも、家族の大切さ、住宅の

正当さを訴えるようなドラマでした。(詳しくはテレビ番組のHPをご覧下さい)

私自身も実はドラマの主人公のように、お客の為にとばかり考えて、同じように過ごしてきた

時期がありました。(今もそうですよ)なんとなく、自分の姿にダブらせドラマを見ながら

感動の連続でした。昔の話ですが、こういう仕事をしているとなかなか、休みが取れずに

家族からの不平不満はしょっちゅうでしたし、お客にサービスをしながら、会社に負担を

懸けずにしようとすると、休みを潰して、家族に我慢をさせ、休日の手当てをもらうことなく

お客様の為に働いていた時もありました。(しつこいようですが、今もそうですよ!)

主人公の考え方に非常に共感でき、また、非常に理解のできたドラマを見ることが出来たこと

に感謝致しております。また、ドラマを見た方の一人でも多くが、共感し、夢のある、

安全な家に入居されることを私自身も心より祈っております。

 長くなりましたが、最後にクイズです。この写真は住宅の部材の一部をアップで撮った

ものですが、さて、その部材とはどこのどの部分でしょう?



e0111876_18342146.jpg
 
 答えは次回に!  それでは、また!
[PR]
by wakatsukishouten | 2007-01-24 18:34

1月21日

床下暖房

 おはようございまーす!

 今日は床下暖房(土間蓄熱式暖房)についてお話します。

 我社で初の床下暖房住宅として、私の家を3年前に新築いたしました。

 なぜ、私の家に取り付けたのが初めてかと言いますと、

 本当に新潟の冬に床下暖房で暮らせるかが疑問でしたので、

 お客様に提案する前に私の自宅を実験用として施工した訳なのです。

 当初は不安を感じつつも、うまくいってくれよ!と願いつつ、施工に踏み切った

 床下暖房でしたが、これがまた、今となっては、離すことの出来ないアイテムとなって

 しまったのです。

 ということで、ブログで皆様に簡単に我家の床下暖房を簡単に説明しますね。

 我家は延床約38坪の総2階作りのオール電化住宅として作りました。

 設備内容としましては、床下暖房が約20キロ布設、エコキュート370L、IHクッキング
  
 ヒーターを使用し、月平均の電気代が16000円で全てのエネルギー代をまかなって

 います。(上記の料金は冷暖房費も含まれた額)

 ちなみに、床下暖房は1Fの窓前の床に基礎内部からの熱を上に放熱するための

 通気口?が下のようにとってます。
e0111876_1183694.jpg

 ここから、暖気を上げ易くしております。

 ちなみに室内の温度は20~22℃とするように写真のコントローラーで

e0111876_11131228.jpg

 温度設定をしております。
 
 また、床下暖房がどれだけ快適かというと、娘の格好を見てもらえば(下の写真)
e0111876_11153015.jpg


 (上の写真は1月20日夜9時に撮影)

 わかるかと思います。ちなみに、家中のどこでも、このようにいつも足まくりをして

 暮らしております。(トイレも、風呂も温度差がありません。)

 我家の一番末っ子の娘も(ミニチュアダックス、名前は「くぅ」)ご覧の通りの
e0111876_1120857.jpg


 格好で、一日を過ごしております。(修正にて、大事な部分を隠しております)

 「床下暖房」と我家の紹介でした。


 P.S 今の寒い時期にしか体験のすることが出来ない、「床下暖房」を是非一度体感しに

 来て下さいね!電話、または、メールにて連絡をお待ちいたしております。

 
[PR]
by wakatsukishouten | 2007-01-21 11:27

今年初の試み!

 
 新年あけまして、おめでとうございますm(- -)m

  本年も皆様に応援していただけますよう努力して

  参りますので、宜しくお願い致します。

  
  さて、今年最初の取り組みとしまして、私専用のブログを
  
  立ち上げることにしました。
  
  理由としまして、まずはこれをお読みの皆様との距離を少しでも

  このブログを通して縮めることが出来たなら...と思い、ブログを
 
  作ることを今年の目標と掲げました。

  是非、これを機会に皆様とのやりとりを少しでも多く、又一人でも多くの方々と

  出会えたら・・・と期待を膨らませている次第です。

  
  これからも、皆様と共に歩んで参りたいと思っておりますので、

  ご支援のほど、宜しくお願いします。

  初めてのブログでしたので、固~くなりましたが、次回からは

  やわらかく、楽しい皆さんとの意見交換の場としてやっていきますので、

  多少の言葉の無礼がありましたら、ご勘弁下さいm(. .)m
[PR]
by wakatsukishouten | 2007-01-12 19:22